Markdownを使わないの?

先日、社内の勉強会で作成した資料を見た上司から、エンジニアなのにMarkdownを使わないの?というコメントを受けました。

Markdownというのは、HTMLなどに代表されるマークアップ言語(*)の一つで、書いた内容をHTMLに変換をしてくれる言語です。

  • 文書を「タグ」などの文字列で囲って、見出しなどの文章の構造を表現するための言語仕事ではBitbucketやRedmineを使っているのですが、これらはMarkdownに対応しています。

私は見出しや箇条書きなどを前職の感覚で「・」「■」「:」で書いてしまい、自動で見た目などを揃えてくれるMarkdownを使った方が良いよというアドバイスでした。

これまで何度か使った経験はあったんですが、久々に使ってみたところこれがけっこう使いやすい。

詳しくは割愛しますが、見出しや箇条書き、引用、強調など、HTMLで書くとタグで囲わないと行けない部分を簡単に書くことができるので重宝しています。

JP Markdownをインストール

Google Docsを含め、仕事で使っているツールはMarkdownに対応しているので書くようにしましたが、本ブログについてはWordPressで書いているのでメジャーなMarkdownプラグインであるJP Markdownを入れてみました。

インストール方法は特段難しくなく、通常のプラグインのインストール通りにプラグイン画面から検索→インストール→有効化するだけ。

エディタ側もMarkdownを有効なものを使う必要がありますが、本ブログはMac用エディタのMarsEditで書いており、Markdownに対応しています。

なお、冒頭に書いたとおりMarkdownは書いた内容をHTMLに変換してくれるため、これまでHTMLで書いていた記事コンテンツをMarkdownで書き直す必要はありません。

文字色や背景色はエディタ側で設定

Markdownの設定

Markdownでのブログはとても書きやすく重宝しているのですが、文字色や背景色についてはMarkdown記法が無いので、エディタ側での設定が必要となります。

このため、MarsEditのショートカットコマンドとして、よく使う赤文字と赤文字+黄背景をそれぞれcontrol + R と、control + Eに設定しました。

キーの設定は単に好みです。ついでに、コードを綺麗に表示するプラグインであるCrayon Syntax Highlighterのショートカットも同じく設定。

WordPressのエディタツールでもボタンクリックでショートカットを設定できますが、慣れてしまえばキーボードで書いたほうが早く便利なのでMarsEditを使っているという方にはオススメです。

MarsEditの場合の注意点

ただし1点MarsEditを使う場合の注意点として、エディタを上下に分割しMoreタグを自動挿入する設定にしている場合、Moreタグ挿入直後(つまりエディタ下側の先頭)にはMarkdownで見出しなどを書くと、Moreタグの後ろに文字が自動で移動してしまうため反映がされません。

このため、Markdownで改行などを入れるか、通常の文字をいれて一段改行したうえでMarkdownを入れましょう。