Macでスクリーンショットを取る

よくブログを書くときなどに、Web上やデスクトップなどの画面のスクリーンショットを取るがそれをMacで行う方法と、それらを加工してブログに載せられる画像にする、というTips。

まず結論から言うと、それぞれの方法は調べれば乗っているが、一つのページにまとまってなかったので忘れたときに調べるのが面倒だった。

というわけでMacでスクリーンショットを取る方法はAppleの公式サイトに載っている。

この中で自分が特に使うのが「command + shift + 4」キーで選択範囲のみをスクリーンショットする方法。これだとブラウザなどで映したくない部分は映さなくて済むようになるので便利。

なお、保存したスクリーンショットはデスクトップに置かれる。

画像のサイズを変更したり切り取ったり

次はサイズ調整。
スクリーンショットの場合はあまり関係ないかもしれないが、写真の場合サイズが大きかったりするのでキロバイト程度のサイズに調整する。

そんなときは画像をダブルクリックして開いた後に以下のようにツール→サイズを調整で、パーセントやピクセル単位で調整する。

サイズ調整

なお、画像を切り取るかコピーして、ファイル→クリップボードから新規作成で新たにコピーした画像を新規で作れるのでこれも便利。

サイズ調整などしたら一旦名前を付けて保存をしておく。

画像にモザイクを描ける

最後は見られたくない画像の一部にモザイクなどをかけるとき。

これはデフォルトのMacの機能ではできないので、AppStoreにある「ToyViewer」というAppを使う。

ToyViewerをMacにインストールしたら、画像をToyViewerで開いて範囲選択したうえでメニューの特殊効果→ノイズ・モザイク。
ここでモザイクボタンを押せばモザイクをかけることができるので新たに保存する。

以上でブログで使う画像の準備は環境。

なお、ToyViewer他にもたくさん画像加工が出来るようなので、興味がある方は試してみては。