WordPress + 賢威7ブログの初期設定をまとめてみる

これまで個人メモとして纏めていたんですが、改めてWordPress(賢威7)でブログを始める際の設定やカスタマイズをここに整理していきます。

Evernoteに個人用にまとめていたんですが、この際誰かの参考になればと思って公開。

なお、知らない方のために補足すると、賢威とはWordPressの有料テーマのことで、SEOに強く、拡張性に優れていると言われています。

私自身は昔に購入して以来あまり使わず放置していたんですが(オイ)、本ブログを書くにあたってテーマを探していたことと、ちょうど最新版である「賢威7」が公開されていたので久々に使ってみようということで、賢威7の使い方も勉強しつつまとめていければと思います。

※なお、色々最適な手順が見つかったら都度追記 & 更新していきます

テーマのインストールまで

さて、ブログの設定にはサーバー取得やムームードメインによるドメイン取得〜設定が必要ですが、これは別記事にて書く予定です。

まともにアクセスが出来るようになるまで、1~2日はかかるはずなので、そうしたらWordPressの管理画面から賢威7を入れます。やり方は簡単で公式サイトからテーマをDLし、テーマをアップロードして有効化するだけ。

賢威7の設定

まずは最低限の設定として以下を行っていきます。

賢威の設定:

  • サイトのタイトル、サイトの簡単な説明
  • 投稿ごとの目次を自動で生成する → サイトの性質を考えて判断

トップページ:

  • メイン画像、メイン画像の代替テキスト
  • 最新情報の表示→しない (これはトップページに最新記事が既に表示されているため)
  • 2ページ目以降のインデックス→しない

一覧ページ:

  • カテゴリーページ以外をnoindexに (これはタグ使う場合などは別)

SNS設定:

  • ソーシャルボタン→サイトトップ、投稿、固定ページを表示
  • サムネイル画像→とりあえずメイン画像と同じものを設定

WordPressの設定

次に、賢威7ではなく元からあるWordPressの設定。

カテゴリ(投稿→カテゴリ):
* とりあえず、作る予定の記事のカテゴリを暫定でも作っていく。名前やスラッグ、親子関係もとりあえず作成。

一般:

  • サイトのタイトル、キャッチフレーズ
  • 日付と時刻のフォーマット (好みで)

投稿設定:

  • 投稿時カテゴリの初期設定
  • 更新情報サービス→とりあえず、サーチコンソールにインデックスさせるなら設定は不要かと。

パーマリンク設定:

  • 投稿名にする 

プラグインのインストール

個人的に、プラグインは動作が重くなったりWordPressのバージョンやテーマによっては動作しなかったりすることがあってあまりプラグインは入れたくない派です。

とりあえず初期プラグインについては以下を最初に行います。

  • Akismetを有効化して設定
  • WP Multibyte Patchを有効化

次に、プラグインをインストールします。
私は今のところ以下を入れています。

All In One SEO Pack
Broken Link Checker
BackWpup
Crayon Syntax Highlighter
Contact form 7
Google XML Sitemaps → 特に設定は無し
JP Markdown
Newpost Catch
No Self Pings
PS Auto Sitemap
Really Simple SSL
Video Thumbnails
WordPress Ping Optimizer
WordPress Popular Posts
EWWW Image Optimizer

※ちなみに、一括インストールできるプラグイン「Multi Plugin Installer」というものを使ってこれらを全て入れていたんですが、2017/01/02に見たところこのプラグインが無くなっており..それからは1個ずついれています。

Googleの各種サービスへの登録

次に、Googleの各種サービスに登録。特にサーチコンソールは必須なので必ず設定。

  • アナリティクス→管理タブのプロパティから新しいプロパティを作成し、トラッキングコードをheadタグの前に入力する
    • 設定時のURLはhttps://で設定します
    • コードは賢威の設定の「ヘッダタグの直前に入れる」に加えるとラクです
  • Search Console(サーチコンソール) → プロパティの追加 → URL入力 → 別の方法 → アナリティクスのコードで確認
    • アナリティクスと同じく、URLはhttps://で設定
    • ダッシュボードからサイトマップを追加しましょう。パスはGoogle XML Sitemapsを入れているなら、<ドメイン>/sitemap.xmlとなります

プラグインの設定

EWWW Image Optimizer

以下にチェックを入れます。

基本設定→メタデータを削除
高度な設定→無効にする pngout
変換設定→コンバージョンリンクを非表示

その後、メディアメニューの一括最適化から、最適化されてない画像をスキャンするを実行してデフォルトの賢威のテーマ画像などを最適化します。

ファビコンの設定

ファビコンは、賢威7のテーマ内にあるfavicon.icoファイルを差し替えることで設定できます。

エックスサーバの場合、ファイルマネージャ(FTP)で以下のファイルを差し替えます。

/wp-content/themes/テーマのディレクトリ/favicon.ico

ファビコンは16×16のブラウザタブに表示するサイズが最も見られるので、手持ち画像を透過のファビコンサイズに変換してくれるwebのサービスで変換し、favicon.icoで保存、上記にアップロードします。

その後、webページにアクセスしてファビコンが更新されていることを確認します。

なお、WordPressのメディアライブラリからのアップロードを試してみましたが、これはセキュリティ上の理由でアップロードが出来ませんという警告が出ました。